IHEART INSPIRED


CURTIS KULIG


グラフィティーが広がる風景は、ニューヨークの魅力の一つだと思っています。そんな中、「LOVE」を込めたメッセージアートに興味を持ちました。グラフィティーアーティストとして活動し、私を刺激してくれた若手アーティストのカータス・クーリグの作品でした。iHeartokyoのウェブサイトのロゴも彼の作品がインスピレーションになってます。iHeartだけでなく、Kanye Westなどの世界的アーティストや、コスメブランドにも注目され、CDジャケットやキャンペーンなどに採用されました。

Every time I wander around NoLita I happen across new graffiti; mind-blowing young new artists changing the urban landscape, which is part of what makes the streets of NYC so dynamic. But back in 2011 when I started conceptualising iHeartokyo, it was Curtis Kulig who was jiving me jitters. There wasn't a corner downtown that wasn't covered with his messages of LOVE. His iconic Love Me campaign swiftly went from street art to commercial, covering albums for Kanye and cosmetics campaigns and even inspiring (somewhat) the iHeartoyko logo. So it's great to pay respect to the original art of the street. It's where iHeart comes from, and it's what keeps us all inspired. LOVE.